がん保険の見直しはなぜ必要か

がん保険の見直しはなぜ必要なのでしょうか。がんは国民の2人に1人がかかる病気です。心臓疾患や脳疾患と並んで死亡原因の上位を占めており、誰でもかかるものだと考えておく必要があります。いったんかかると、がんの種類や進行具合(ステージ)にもよりますが、治療期間は長くなり、治療費も膨大になることも珍しくない、やっかいな病気です。医療費は3割負担に抑えられていますし、毎月の負担上限額が一応決められています。しかしそれでも、保険対象外の先進医療に頼らなければ治らないということもあるのです。人生誰しもかかる可能性のあるがんに備えるために、がん保険という商品があるのです。

しかし、これがなかなか厄介で、がん保険というものに加入すれば、どんながんにも対応できると勘違いしている人もいるので、いざがん告知を受けてから、保険の対象にならなかったり、特殊な部位に出来るがんが見つかって、先進治療が必要だが膨大な費用が掛かることが分かったりして、加入した保険が役に立たないこともあります。期待したほど対応できないことが分かってがっかりした、という声はネット上の口コミでも、見られる現実です。

医療技術は日々進歩しています。がんは積極的に治療する時代になっているのに、長期入院を前提とした単純な保障内容では対応できないことが多くなっています。早期発見なら日帰り手術で完治できることもありますし、抗がん剤治療も通院で可能、あるいは服薬で可能なものもあります。このようなニーズに合っているかどうか、見直してみる必要があります。