見直しの際に気を付けたいこと

最後に、がん保険の見直しにより、新たな保険に入り直す際に注意しておきたい点をいくつか挙げておきます。

まず大事なのは、すぐに決めないで、複数の商品を丹念に比較することです。がん保険も千差万別です。対応できる範囲はどこまでなのでしょうか?あなたはどこまでのリスクに備えますか?たくさんのポイントがあります。先進医療にはどこまで対応できますか?女性なら女性特有のがんに手厚いですか?

がんと診断されたら、心に相当のダメージを受けます。診断されたら給付される給付金はありますか?もし不幸にして余命宣告を受けたら生前に受け取れるリビングニーズ特約はありますか?残された家族の生活費はカバーできますか?それとも残された人生を謳歌するために使いますか?人生をどう生きるか?によってまるで内容が変わってきます。

もう一つ大事なのは、定期的に見直すことです。

がん保険は年齢が高くなるにつれてリスクが上昇しますので、そのままだと保険料が上がっていく可能性が高いです。その都度保障内容や金額を見直して、必要性を考えることが大事です。いざという時に健康保険でカバーできない部分を補うのが民間保険の機能ですから、丁寧に検討したいものですね。

がん保険見直しのポイント

がん保険見直しのポイントについて整理します。まずは医療技術の進歩に対応できているかどうかチェックしましょう。入院期間も短くなっています。入院手術は最低限で、あとは放射線治療、抗がん剤治療を通院で行えるようになっています。加入しているがん保険が通院まで保証しているかどうか確認が必要です。

先進医療に対応しているでしょうか?厚生労働省が認可している先進技術を使った治療方法ですが、通常は全額自己負担となり、健康保険の高額療養費制度の対象外となります。例えば最近特に注目されている重粒子線治療は300万円以上治療費がかかります。これは保険に加入していないとカバーできません。受けたい先進医療があっても費用負担に耐えられず断念することになってしまいます。命にかかわる問題だけにこれは保険で対応できるなら加入すべきでしょう。

いわゆる三大治療費用をカバーできているでしょうか?手術、放射線治療、抗がん剤治療すべてに対応しているかどうか、商品によっては手術だけが対象になっているものがあり注意が必要です。最近のがん保険はだいたい対応していると考えられますが、数年以上前とかに加入してそのままになっているがん保険があれば、一度見直してみましょう。